フミルバ不動産相続 代表 竹清嘉晃

代表プロフィール

千葉県船橋市出身空き家再生アドバイザー

フミルバ空き家再生 代表・フミルバ不動産相続 代表・合同会社FUMILUVA 代表社員

ファイナンシャル・プランニング技能士2級、相続士 上級、空き家再生アドバイザー、既存住宅アドバイザー

『実家の空き家問題を解決する!』フミルバ空き家再生・フミルバ不動産相続の代表。『親が施設に入るので実家が空き家になる』『実家を相続したが住む予定がない』などの空き家問題を解決する空き家再生アドバイザー。

空き家・相続・不動産の専門家

学生の時は、バスケットボールで全国制覇を目指して部活動に励む。千葉県選抜チームのキャプテン、千葉県最優秀選手等にも選ばれる。

バスケット引退後、スポーツ以外で向上できること求めて大学在学時に起業。大手不動産デベロッパーの創業者メンバーに出会い不動産業界に関心を持つ。しかし業界の一部の売上至上主義・顧客軽視等の体質に疑問を感じ不動産業界とは距離を置く。そして中国等の海外事業やIT事業、美容健康事業、防災事業等の事業の立上げなどに携わる。

しかし、幅広い業種の事業の立ち上げなどをしてきたが、自身の専門性が欠けている事に嫌気を感じるようになる。そして、元々関心の高かった不動産の専門性を磨くことを決める。

その後、不動産コンサルタントとして活動。土地・建物の各種調査から利活用の提案や、建物完成・賃貸経営サポート、仲介業務等を行う。

一方、それまで自分の考えのもと自由にやってきたため、両親との関係が疎遠となっていた。しかし、父の病気をきっかけに、空白になっていた関係を埋めるべく努力を始める。

そして、不動産と家族の両方に関係の深い「相続」に感心を持ち『相続・不動産の専門家』として活動をはじめる。

主に不動産を所有している家庭に対し、相続対策支援・相続手続き支援・空き家再生など、相続・不動産・空き家に関連した業務を一貫して行う。